項目連携を試してみる① ~都道府県→市区町村の連携ができます。

こんにちは。
リーデックスの小川です。

今日は、新しい機能の「項目連携」について試してみたいと思います。この機能を利用すると、たとえば、プルダウンで選択した都道府県に関連する市区町村のみをプルダウンで選択できるようになります。

少しわかりづらいですが、丁寧に説明していきますので、ぜひチャレンジしてみてください。

続きを読む

CSVインポート機能を試してみる

こんにちは、リーデックスの幸田です。

今回はCSVデータのインポートについて見ていきたいと思います。プリザンターには、ローカル上のCSVファイルをインポートし登録する機能が備わっており、テーブルに対し一斉にデータを登録することができます。大量のCSVデータを手間をかけずに登録することができ、大変便利です。 

では、CSVデータのインポートの方法を見ていきましょう。

 

続きを読む

Azureにプリザンターをインストール~事前準備編1~アカウント登録

こんにちは。リーデックス 松村です。

今回は環境構築の新シリーズとして、プリザンターをAzure上に構築していきたいと思います。
※Azureとは、Microsoftが提供しているクラウドプラットフォームで、AmazonAWSのように仮想マシンやデータベース機能を構築することができます。

続きを読む

一覧表示をカスタマイズして分かりやすいレコードを作ろう

こんにちは。

リーデックスの志和です。

 

今回は一覧表示について少し掘り下げていきたいと思います。

一覧表示は何をするにもまず目に入る画面となるので、わかりやすい表示を心掛けたいですよね。

そこで一覧表示のカスタマイズを行い、パッと見でどんなレコードか分かるように手を加えていきましょう。

※一覧の表示項目カスタマイズについては以下を参照

プリザンターのカスタム項目(3) ~カスタム項目を一覧上に表示させてみよう - オープンソースWebDBのプリザンター(pleasanter)ブログ

続きを読む

プリザンターの計算式を活用してみる

 

こんにちは、リーデックスのイです。

 

今回は、計算式機能を使ってみます。

 

計算式は、言葉通り計算式を手動で入力し、計算を行う機能です。

売上の計算などで、単価と販売数を入力すれば自動で計算してもらえるので、効率を上げることができます。

 

では、さっそく使ってみましょう。

 

続きを読む

プリザンターの集計機能を使ってみる

こんにちは。リーデックスのイです。

 

今回は、プリザンターの集計機能を使ってみたいと思います。

 

集計機能は、レコードの件数、数値の合計、平均を表示する機能です。

こちらの機能を使用すれば、担当者ごとの売り上げ合計や平均、未着手案件の件数などの確認を簡単に行うことができます。

 

では、集計機能の使い方を説明したいと思います。

 

続きを読む