オープンソースWebDBのプリザンター(pleasanter)ブログ

オープンソースのWebDBのプリザンター(pleasanter)のブログとサービス情報サイトです

カテゴリ : お知らせプリザンターとは?使い方スクリプト・スタイル環境構築事例動画

プリザンターにダッシュボード機能を組み込む

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20201015100458p:plain

こんにちは。
リーデックス小川です。

今回は、プリザンターにダッシュボード機能を組み込みましたのでサンプルを元に記事にしてみました。特定のテーブルに表示されたデータを円グラフや棒グラフに表示する機能はもちろんのこと、新着情報や緊急情報などを管理者が手動で登録した表示することが可能です。次回以降のブログでは、技術的なことを書いていこうと思いますが、今回はダッシュボードでどんなことができるのか?について焦点を当てて書いていきたいと思います。

 

 

 ダッシュボードとは?

ダッシュボードとは、IT用語辞典から引用すると、下記のように定義されています。

ダッシュボードとは、自動車などの「計器盤」を意味する英単語。ITの分野では、複数の情報源からデータを集め、概要をまとめて一覧表示する機能や画面、ソフトウェアなどを指すことが多い。

ダッシュボードとは - IT用語辞典 e-Words

車を乗る方は、速度メーターやタコメーター、ガソリンメーターがハンドルの前にあり、運転に必要な情報が一目でわかるようになっています。自動車と同じように、ITでもダッシュボードを利用することで、視覚的に情報を取得することができるようになります。 

プリザンターのグラフ表示機能

プリザンターは一覧以外に下記の様な表示を行うことができます。

  • カレンダー
  • クロス集計
  • ガントチャート
  • バーンダウンチャート
  • 時系列チャート
  • カンバン
  • 画像ライブラリ

下記ブログの記事に詳細がありますので、確認してみてください。

 

プリザンターは、資料の作成をできるだけ行わないで会議が進められるように設計されているため、上記の様なさまざまな表示方法が用意されています。クロス集計、カンバン機能などは良く使う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

このように、さまざまな表示方法が用意されているプリザンターですが、できないことももちろんあります。どのような表示方法ができないでしょうか?

 

プリザンターのカスタマイズなしではでできない表示方法

さまざまな表示を行うことができるプリザンターですが、できないこともあります。例えば、ご要望が多いご相談の一つで棒グラフや円グラフなどを利用したグラフ作成があります。売上や利益の情報や分析情報などを一目でわかるようにグラフ化したいというお話をしばしば頂きます。

また、ログイン後に表示されるページがフォルダ一覧のため、情報を能動的に取得する必要があり、特定のテーブルに移動するひと手間がかかってしまいます。ブックマークなどに登録することで移動は比較的簡単に行うことができますが、情報が集約されているページが開けるとよいですよね?

上記のようなできないことをできるようにするため、素早く、簡単に情報を取得できるようするため、プリザンターにダッシュボード機能を付加してみました。

 

プリザンターにダッシュボード機能を付加する

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20201015100458p:plain

 

それでは、実際にダッシュボードを見ていきます。

フォルダ一覧の表示

画面左側には、フォルダ一覧で表示されるものが表示されます。テーブルの順番の入替や追加、削除なども通常通り行うことができます。業務で利用するテーブルをすぐに呼び出すことができます。

円グラフや棒グラフの表示

あらかじめ設定をしておくことで、ダッシュボードに表示させることができます。表示順や表示方法については、ダッシュボードマネージャーを利用することで、比較的簡単にカスタマイズを行うことが可能です。

新着情報

プリザンターの特定のテーブルで情報を管理することで、アクセスしたユーザに新着情報を表示することができます。表示日の制御や、表示期限、カテゴリを設定することも可能です。

緊急新着情報

新着情報よりも緊急の高い情報を簡単に表示することができます。緊急時に簡単に設定することができますので、情報更新の頻度が高い場合でも、素早く対応することができるようになります。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20201012161949p:plain

その他カスタマイズ

その他、ダッシュボードマネージャで表示をカスタマイズすることで、様々なグラフの表示や、タスク管理や目安箱などの最新情報、ワークフロー待ち一覧(別途実装が必要)などを表示することができるようになり、より一層便利に利用することもできます。

 

まとめ

今回は、プリザンターにダッシュボード機能の組み込みについて書いてみました。一目で状況が分かるようになり、よりプリザンターが便利に使えるようになりますね。

ダッシュボード機能は、個別にカスタマイズが必要になることが多く、利用しながら使い勝手のよい 表示に変更することが必要となります。弊社では、利用しながら徐々に修正し、機能拡大していく「まかせteプリザンター スクリプト開発プラン」をご用意しています。コストパフォーマンスの高いプランとなっていますので、お気軽にご相談ください。

 

それでは、今回はこの辺で。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。