プリザンターの新規作成時にテンプレート機能を活用する

こんにちは。
リーデックスの浜田です。


今回はプリザンターのテンプレート機能を試します。プリザンターには新規作成に便利なテンプレート機能が沢山あり、それらを活用することで作成に要する時間を最小限にすることができます。

テンプレートの活用を推奨する理由

プリザンターは現在テンプレートとして12タブ計200種類近くが登録されています。もちろん、テンプレートを使用せず自分でカスタマイズをし、作成をすることも可能です。

しかし、どの企業様でも共通して必要になる業務要素についてはテンプレートを使用することで大幅な業務効率化を図ることができます。

 

作成手順

それでは実際に何も登録されていない1からの状態で作成していきます。トップページから新規作成を選択します。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20181101155117p:plain

 

営業タブをクリックすると、左側に営業活動で必要な業務や資産管理の選択肢が表示されます。今回は営業日報を選択し、営業日報のテーブル登録をします。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20181101160331p:plain

 

選択後、入力項目が表示されるので適宜入力し、作成ボタンを押下します。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20181101162017p:plain

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20181101162034p:plain

 

タイトルを入力し作成ボタンを押下すると、トップページに営業日報が作成されます。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20181101163024p:plain

 

作成した営業日報を選択し、遷移した画面で新規作成を選択します。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20181102155025p:plain

 

営業日報の入力画面が出てくる為、各入力項目に値を追記し、作成ボタンを押下します。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20181102160930p:plain

 

営業日報が1件登録されました。後は同様の手順を踏めば営業日報が蓄積されていきます。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20181102161233p:plain

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は1例をあげてご紹介いたしましたが、ここでは紹介していない同じ要領で作成できる機能が他にもあります。是非活用していただき、業務効率化を図っていただけたらと思います。

 

ここまで読んで下さり、ありがとうございました。