プリザンターのテーブル機能いろいろ その1

こんにちは。リーデックス佐藤です。

前回の記事では期限つきテーブルがどのような機能なのかを見ていきました。

今回は、前回作成したこの期限つきテーブルを使って、テーブル上で使える機能を見ていきましょう。

 

まずは前回追加した期限つきテーブルを表示します。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180205142132p:plain

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180205142223p:plain

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180205142242p:plain

テーブルの中身が表示されたら、右上のメニューから「管理」→「テーブルの管理」をクリックします。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180205142532p:plain

「エディタ」タブをクリックし、右ペインから「分類A」を選択し、すぐ上の「有効化」ボタンで左ペインに移動します。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180205142752p:plain

左ペインに移動したら、上の「詳細設定」ボタンをクリックします。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180205143134p:plain

上記のような画面が表示されます。ここで表示名に「作業工程」と入力し、その分類をしたの選択し一覧に記述してみます。一覧は各項目を改行し入力しておきます。

他は特に入力せずに「変更」ボタンをクリックしてみましょう。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180205143456p:plain

先ほど追加した「分類A」が「作業工程」に変わっているのがわかると思います。

せっかくなので、もうひとつくらい追加してみましょう。

先ほどとおなじように今度は「分類B」を有効化して「詳細設定」ボタンをクリックします。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180205143830p:plain

今度は表示名を「作業内容」としてみます。これも同じように作業内容一覧を追加しておきます。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180205143935p:plain

「作業内容」も追加されました。今度は「上」ボタンをクリックしていき、自分の表示したい位置まで「作業工程」「作業内容」を移動してみましょう。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180205144010p:plain

移動が完了したら、「更新」ボタンをクリックします。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180205144134p:plain

これで、各チケットに「作業工程」「作業内容」を設定することができるようになりました。一覧も先ほど設定した内容がちゃんと反映されていますね。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180205144455p:plain

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180205144728p:plain

ただし、このままだと、チケットの一覧画面に先ほど追加した「作業工程」「作業内容」が表示されません。一覧に表示したい場合は、「テーブルの管理」から「一覧」タブをクリックし、「選択肢一覧」から表示したい項目を有効化して右ペインに移動します。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180205145128p:plain

これでチケットの一覧に先ほど追加した「作業工程」「作業内容」が表示されるようになりました。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180205145538p:plain

 

上記の機能はプリザンターで「カスタムフィールド」と呼ばれるものです。カスタムフィールドを使えば、自分の思うようにカラムを追加でき、かつそのカラムに設定する一覧も簡単に作成することができて便利ですね

 

 

プリザンターのテーブル機能いろいろ 一覧

pleasanter.hatenablog.jp

pleasanter.hatenablog.jp