プリザンターを試すための環境を用意してみる~仮想マシン準備編その3(Windows10 日本語化)~

こんにちは。リーデックス松村です。

前回作成したWindows10の仮想環境ですが、使用した仮想環境のイメージが英語版だった関係で表示言語が英語になってしまっているので、日本語表示できるようにしていきましょう。

 まずはスタートメニューから歯車のアイコンをクリックして『Settings』を表示します。f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180110115422p:plain

次に『Time & Language』をクリックし、

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180110115939p:plain
左のメニューから『Region & language』を選択します。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180110115956p:plain
表示された画面内のCountry or regionのセレクトボックスから『Japan』を選択、

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180110142537p:plain

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180110120115p:plain
続いて『Add a language』の+ボタンをクリックして

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180115123259p:plain『日本語』をクリックして追加します。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180110120148p:plain

戻ったページで日本語を選択しますが、しばらくはWindows Updateから言語パックの検索をしている状態なのでf:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180110120501p:plain
日本語の下の表示が『Language pack available』になるまで待ちましょう。f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180110142803p:plain
Language pack availableになったら「日本語」を選択して『Options』をクリックします。

続いてLanguage optionsの「Download language pack」の下の『Download』ボタンをクリックします。f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180110142553p:plain

インストールが完了して『Language pack installed』と表示されたら、ページを戻って「日本語」を選択して『Set as default』をクリックします。
サインインし直さないと表示が変わらないので、仮想マシンを再起動するか
一度ログアウトしてログインしなおす(※パスワードを聞かれたら Passw0rd! と入力します)と…

このように日本語表示となります。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180110122318p:plain
この状態だとキーボードが英語配列になっていて日本語入力への切り替えが面倒なので、必要に応じてキーボードの設定を変更したり、タイムゾーンの設定なども変えておけば違和感なく使えると思います。

これで下準備が整ったので、次回からはプリザンターのインストールを試していきたい、、のですが、
いくつかインストールのために必要な前提ソフトの設定とインストールをする必要があるためそちらを先に準備していきたいと思います。

 

次回記事

pleasanter.hatenablog.jp

 

プリザンターを試すための環境を用意してみる~仮想マシン準備編 一覧

pleasanter.hatenablog.jp

pleasanter.hatenablog.jp

pleasanter.hatenablog.jp