オープンソースWebDBのプリザンター(pleasanter)ブログ

オープンソースのWebDBのプリザンター(pleasanter)のブログです

オープンソースWebDB「プリザンター」のブログです。 機能の紹介や実例を交え、わかりやすく解説していきます。

プリザンターから招待メールを送信するには?

こんにちは。
リーデックス小川です。

最近、コンビニで見かけたのですが、「激辛やきそば 超超超大盛 GIGAMAX」というペヤングソース焼きそばを見つけました。通常の4倍の大きさで激辛らしく、1日1つまでという注意書きがあります(2200Kcal!?)。私は挑戦するのは差し控えようと思いますが(笑)、激辛も行けそうな人がいたら、ぜひチャレンジしてみてください。

www.peyoung.co.jp

 

さて、今日はプリザンターから招待メールを送信するユーザ招待機能についてご紹介します。メール送信や初期パスワードの設定などが省けるため、管理者の方の負担が減ると思いますので、ぜひ利用してみてください。

 設定ファイルを設定する

まずは、設定ファイルに設定しましょう。「インストールしたディレクトリ\App_Data\Parameters\Registration.json」のファイルを下記のように設定します。

{
    "Enabled": true,
    "PrivilegedUserOnly": false,
    "ApprovalReauestTo": "test@hogehoge.com"
}

  • Enabled :trueで「ユーザ招待」のメニューが表示されます。
  • PrivilegedUserOnly: trueで特権ユーザにのみメニューが表示されます。
  • ApprovalRequestTo :メールの送信元とユーザの承認依頼の通知先となります。 1つのメールアドレスのみ指定可能のようです。

上記を設定後、IISを再起動します。再起動後、再度管理画面にアクセスし右上メニュー「管理」に「ユーザ招待」が表示されていることを確認します。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20190627201115p:plain

ユーザ招待をクリックすると、ユーザ招待管理画面が表示されます。

ユーザ招待機能を利用する

ユーザ招待機能は下記のようになります。まずは、招待するユーザのメールアドレスを登録し、招待します。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20190627201531p:plain

 

画面右上の「新規作成」をクリックすると、新規登録画面が表示されます。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20190627202128p:plain


メールアドレスのみ入力できます。メールアドレスに、招待するメールアドレスを入力し、画面下の「招待」ボタンをクリックします。すると、下記のようなメールが送られてきます。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20190627202508p:plain

 

ここで、「テストタイトル」と記載されていますが、ここにはテナントの管理の「タイトル」で設定している内容が表示されます。空欄のままだとなにも表示されませんので、必ず設定しましょう。詳細は、下記をご覧ください。

pleasanter.hatenablog.jp

 

さて、ユーザが状態のとき、管理画面はどのような表示になっているでしょうか?先ほどの管理画面を表示させてみると、下記のように表示されます。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20190627204228p:plain

招待中フラグが「招待中」となっていますね。ユーザからの承認依頼待ちとなっています。

 

ユーザから管理者へ承認依頼する

メールの本文に記載されているリンクをクリック(ブラウザに貼り付け)し、Webサイトにアクセスします。すると、下記のような画面が表示されます。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20190627203841p:plain

名前、パスワード、パスワード再入力、言語を入力する画面となります。ログインIDは自動的に送信したメールアドレスになるようです。適宜入力し、承認依頼ボタンをクリックします。

 

 

すると、設定ファイル(Registration.json)に設定したメールアドレス(ApprovalRequestTo )宛に下記のようなメールが送信されます。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20190627204632p:plain


このとき、管理画面の一覧を確認してみましょう。下記のように変更されています。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20190627205217p:plain

「招待」だった招待中フラグが、「承認依頼」に変わりました。この状態になると、管理者が該当者を招待するアクションが必要になります。

 

ユーザからの承認依頼を承認する

それでは、最後にユーザを承認しましょう。メール本文をクリックします。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20190627205628p:plain


内容を確認し、問題内容であれば「承認」ボタンをクリックします。すると、下記のようなメールが、招待したユーザにメールが送信されます。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20190627205910p:plain


ここまで来たら、上記URL(ログイン画面)にアクセスし、ログインしてみましょう。これで無事プリザンターを利用できるようになりました。

最後に、承認完了後は管理画面では下記のように表示されています。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20190627210213p:plain

招待中フラグが招待済みになってますね。これで、招待完了となります。

 

まとめ

今回は、招待メールについて書いてみました。キャプチャに時間かかったので、ブログ書くのが時間がかかりました・・・。読んでいる方の参考になれば幸いです。いいね!や読者になっていただけると、モチベーションが上がるのでお願いします笑。

それでは今回はこの辺で。
最後まで読んでいただきありがとうございました。