オープンソースWebDBのプリザンター(pleasanter)ブログ

オープンソースのWebDBのプリザンターのブログです

オープンソースWebDB「プリザンター」のブログです。 機能の紹介や実例を交え、わかりやすく解説していきます。

プリザンターのサポートツールを確認してみる。

あけましておめでとうございます。
リーデックス小川です。

年末年始はゆっくりすごされたでしょうか?新年一発目のブログは、プリザンター標準のサポートツールについてご紹介します。

サポートツールの起動方法

それでは、 サポートツールの起動について説明します。サポートツールはオープンソース版プリザンターに付属しています。私のプリザンターのバージョンは「0.49.84.38901」ですので、これ以下のバージョンだと入っていない可能性があります。下記URLのページ上部「ダウンロード」ボタンよりダウンロードを行ってください。ダウンロードの前には簡単なアンケートなどいくつかの入力項目があります。また、pleasanter.netでは利用できませんのでご注意ください。

pleasanter.org

 

 

 圧縮ファイルを解凍したフォルダにある「Pleasanter\SupportTools」に目的のサポートツールがあります。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20190106092125p:plain



サポートツールは「Implem.SupportTools.exe」となります。この実行ファイルをダブルクリックすると、サポートツールが起動します。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20190106092315p:plain

 

なお、このサポートツールの枠の中には、各ツールの起動ログやエラーログが表示されるようです。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20190106092926p:plain

 

 

サポートツールその1 ~メール送信テスト

起動したサポートツールの左上「メール送信テスト」のボタンをクリックすると、メール送信テスト画面が表示されます。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20190106092437p:plain

 

SMTPサーバ の情報やテストメールの内容設定して「送信」ボタンをクリックすると送信テストが出来るようです。SMTPサーバの環境がないためテストできていませんが、今後テスト環境を作ってテストしてみようと思います。

 

 

サポートツールその2 ~Syslogビューワ

起動したサポートツールの左上「syslogビューワ」のボタンをクリックすると、syslogビューワの画面が表示されます。ビューワには、表示した画面などの実行した内容がログとして表示されます。リアルタイムにログを表示することが可能です。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20190106093030p:plain

画面上部に取得件数や更新間隔を設定する値があります。

 

実行したシステムのログが表示されます。画面上部にある「CSV出力」ボタンをクリックすると、CSVファイルとしてログが出力されます。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20190106093545p:plain

 

 

CSVファイルにはより細かいログ情報が書いてあります。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20190106093931p:plain

 

 

また、画面左上の「期間指定」タブをクリックすると、取得したい期間のシステムのログを取得することが可能です。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20190106093440p:plain


 

サポートツールその3 ~LDAP同期テスト

 最後にLDAPの同期テストツールがあります。「LDAP同期テスト」ボタンをクリックすると、ツールが起動します。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20190106094225p:plain

 

プリザンターではAD(ActiveDirectory)連携が可能ですが、その設定の確認を行うことが出来るのではないかとおもいます。こちらも、環境が用意できていませんので、また別の機会に確認してみようと思います。

 

まとめ

いかがでしたか?オープンソース版では、上記のような運用を手助けする管理ツールが徐々に備わってきています。インストールされている方は、ぜひ試して見てください。

なお、標準インストールではなく、インストールフォルダを変更した方は、サポートツールと同じフォルダにある「Implem.SupportTools.exe.config」の下から5行目にインストールフォルダを設定する行があります。存在しないフォルダを設定したらエラーが発生したので、おそらくそこを変更するとうまく実行できると思います。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20190106094935p:plain

 

また、settingsフォルダには、各ツールを設定を変更する設定ファイルがあるようです。ぜひ、設定を変更してみてください。

 

それでは、また次回お会いしましょう。最後までご覧頂きありがとうございました。