プリザンターの管理者権限を付与・変更する~その1 サイトへのアクセス権限変更~

こんにちは。リーデックスの浜田です。

 今回はプリザンターに登録したユーザの権限付与のやり方についてご紹介いたします。使用していたユーザが別部署へ異動となり、ユーザの削除はしたくないけれど権限だけは変更したい場合等の業務に役立つと思います。

第1回目となる今回はサイト単位での権限付与行う場合となります。

以下の説明では2人のユーザを使用し、それぞれ
・ユーザA(権限の付与・変更する側)
・ユーザB(権限を付与・変更される側)
とし、説明いたします。

また、権限を付与するテーブルは予め作成済の前提です。今回は営業日報テーブルを使用し説明します。

変更前の権限確認

ずはユーザーA、ユーザーBの現在の権限確認を致します。画像の通り、ユーザーAでログインすると営業日報テーブルは表示されています。

  

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20181105100508p:plain

 

テーブルの閲覧も可能です。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20181102161233p:plain

 

次にユーザBでログインし、現在の状態を確認します。 権限が付与されていない為、先程ユーザーAで表示されていた営業日報テーブルが表示されていないことが確認できます。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20181105101139p:plain

 

権限変更手順

再度ユーザAでログインし、営業日報のメニューから[管理]-[テーブルの管理]を選択します。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20181105102140p:plain

 

サイトのアクセス制御タブを押下し、右側の選択肢一覧からユーザーBを選択し、権限追加ボタンを押下します。左側の権限設定にユーザーBが移動されます。

ユーザーBを選択し、詳細設定ボタンを押下すると各権限の設定をすることができます。画面下部にある更新ボタンを押すと変更が反映され、権限の設定が完了します。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20181105103417p:plain

 

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20181105103748p:plain

 

権限変更結果確認

ユーザーBで再ログインします。最初閲覧できなかった営業日報が表示され、サイトの選択ができるようになりました。先程と逆のことをすれば権限が削除され、また非表示になります。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20181105110025p:plain

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回あげたケースは実際の業務においても発生しうるケースかと思います。人事異動があった際に是非ご参考にしていただければと思います。

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。