プリザンターのカスタム項目(10) ~カスタム項目「数値」の活用方法(2)

こんにちは、リーデックス板垣です。

前回はカスタム項目「数値」の活用方法に触れました。今回も引き続き、「数値」項目の活用方法を実践していきます。

今回も前回に引き続き「調味料一覧」を使用して見ていきたいと思います。なお「調味料一覧」には、各調味料の容量を示す項目を新たに追加しています。

クロス集計

「分類」でも一度使用していますが、「数値」でのクロス集計は「分類」も威力を発揮します。今回は、各調味料の責任者が持ち分の調味料をすべて最安スーパーで買ってきたとしての、その容量を調べます。

一覧画面から「表示」の「クロス集計」をクリックすると、以下のような画面なります。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180625021151p:plain

この画面で、列の分類を「責任者」、行の分類を「最安スーパー」、集計種別を「合計」、集計対象を「容量」とすると以下の画面になります。.

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180625020808p:plain

 

例えば、白鳥撫子さんは、サウダージ倉野川店で300g、チャスコ倉野川店で400g、合計700gの調味料を購入すればよい、ということになります。

 

クロス集計は様々な項目を集計対象にできるので、皆さんも自分が調べたい項目について集計対象として、プリザンターの威力を感じてみてください。

次回は「日付」項目について触れていきます。