プリザンターのカスタム項目(6) ~カスタム項目「分類」のリスト形式の設定方法(3)

こんにちは、リーデックス板垣です。

今回も前回に引き続きプリザンターのカスタム項目「分類」のリスト形式のエディト・表示について見ていきましょう。

前回は「連携したWikiの分類項目を利用する」方法で、リスト形式の作成をしていきました。

今回もそれに近いのですが、「連携した記録テーブルのタイトルを利用する」「連携した期限付きテーブルのタイトルを利用する」を見ていきたいと思います。操作法はどちらも変わらないので、「連携した記録テーブルのタイトルを利用する」で見ていきます。

記録テーブルを作成する

今回は調味料のイメージキャラクターを設定したいと思います。キャラクター名は「キャラクターリスト」という名前の記録テーブルを作成し、このテーブルから設定します。

記録テーブル「キャラクターリスト」を作成します。このとき、「キャラクター名」だけはデータベースで言うところの主キー的に利用したいので「タイトル」の名前を「キャラクター名」に変更することで項目を作成します。他の項目は何を利用しても大丈夫です。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180409154132p:plain

 

タイトルの受け皿となる分類項目の設定

「調味料リスト」のエディト画面から分類項目を設定します。

分類項目を有効化します。そして詳細設定で「イメージキャラクター」という名前の項目にします。調味料のイメージキャラクターを設定するイメージです。

一覧画面でも表示されるようにしておきます。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180409154554p:plain

 

リンクを作成する

トップ画面に飛び、キャラクターリスト(親)、調味料リスト(子)となるように、調味料リストをドラッグしてキャラクターリストフォルダと重なるような操作をします。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180409154610p:plain

リンクの設定が出てくるので、先程作成した分類項目「イメージキャラクター」を設定します。

リンク設定ができました。ここで調味料リストの一覧画面を見てみましょう。

まだ項目を設定していないので「イメージキャラクター」欄には何も表示されていません。f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180409154642p:plain

項目を設定していきます。

「塩」レコードをクリックしエディタ画面へ飛びます。「イメージキャラクター」の欄で、先程リンクで設定した「キャラクターリスト」の「キャラクター名」が選択できるようになっているので選択します。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180409154625p:plain

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180409154758p:plain他の項目も同じように選択していきます。なお、余談ですが、このように複数のレコードを連続して更新していく場合は、右上の

「次」ボタンを押すと次のレコードを編集することができて便利です。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180409154725p:plain一覧に選択したキャラクターが表示されました。

まとめ

今回は、「連携した記録テーブルのタイトルを利用する」「連携した期限付きテーブルのタイトルを利用する」手順を見ていきました。

例えば、営業管理などで、タイトルに企業名を設定した企業名一覧と、仕掛り中の作業を管理するテーブルをリンクさせ、企業名一覧にある企業名の中から、仕掛中の作業に関係する会社を表示させる、といったことが可能になります。

次回は分類項目のリスト形式のラスト、「管理しているユーザ名を利用する」を見ていきます。