仮想環境にプリザンターをインストールしてみる~Windows10-前提ソフトインストールその1~

こんにちは。リーデックス松村です。

前回まででプリザンターをインストールするための仮想環境の準備が整いましたので、ここからは準備のできたWindows10環境にプリザンターをインストールしていきましょう。
仮想マシンを使わずに直接インストールする場合はここからスタートすればOKです

 とはいえいきなりインストールをして終わりではなく、まずはプリザンターの動作に必要な前提となるソフトのインストールから行います。

必要なソフト/設定は下記の通りとなります。
Windowsの機能の有効化(IISASP.Netのインストール)
SQL Server 2016 Express with Advanced Services
SQL Server Management Studio
・Web Deploy v3.5

マニュアルに記載のある通り、Windowsの機能の有効化からはじめていきます。
ということでマニュアルの記載に従ってスタートボタン上で右クリックを行って「コントロールパネル」をクリック、、しようとしましたが画像の通り今回の環境では見つからなかった(別のWindows10環境には存在していました)ので

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180111121000p:plain
スタートメニューの「Windows システム ツール」からコントロールパネルをクリックしました。f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180111121153p:plain

ここからはマニュアル通り、「プログラム」→「Windowsの機能の有効化または無効化」(コントロールパネルの表示形式が「カテゴリ」の場合)とクリックしていき、
画像のウィンドウを開きます(※小さいサイズで開くのでウィンドウサイズを大きくしています)。f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180111135740p:plain

こちらの画面からチェックを付ける項目としてマニュアルには
・インターネットインフォメーションサービス(以下IISと記載)
・静的なコンテンツ
ASP.NET 4.6
が指定されていますが、静的なコンテンツとASP.NET 4.6はどちらもIISの配下に存在している項目となり、また、静的なコンテンツはIISにチェックを入れると自動でチェックが入ります。
f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180111121617p:plain
なお、ASP.NET4.6については、今回の環境では上位バージョンの4.7しか無かったのでそちらにチェックを入れました。f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180111122910p:plain

OKをクリックするとインストールが行われますのでしばらく待ちましょう。
完了したら次の準備へ進んでいきます。次はSQL Server 2016 Expressのインストールなのですが、長くなってしまうので次回とします。

 

 

仮想環境にプリザンターをインストールしてみる~Windows10 一覧

pleasanter.hatenablog.jp

pleasanter.hatenablog.jp

pleasanter.hatenablog.jp

pleasanter.hatenablog.jp

pleasanter.hatenablog.jp