通知機能 - Chatworkに通知を飛ばしてみる①

こんにちわ。
リーデックス小川です。

今回は、日本で利用されているチャットツールの二大巨頭のひとつ「Chatwork」にプリザンターの更新情報を通知するための設定を行いたいと思います。以前Slackへの連携は記載しましたが、やり方はほぼ同様です。まだ、Chatworkのユーザー登録を行っていない方は、あらかじめChatworkのユーザー登録(http://www.chatwork.com/ja/)をお願いします。

 

まずは、通知設定を行って行きたいと思います。なお本文ではAPIキーやroomIDなどXXXXXと記載されているところは、実際の値に置き換えてください。

 

room IDおよびAPIトークンの取得

room IDの取得

チャットワークにログインし、通知したいチャットに移動してください。URLの#!ridより右の番号を控えてください。この番号がroom IDです。今回はマイチャットに通知するように設定したいと思います。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180115172051p:plain

 

APIトークンの取得

画面右上のユーザ名をクリックし、動作設定を開いてください。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180115172214p:plain

 

 

API発行」タブを開いてください。その後、チャットワークのパスワードを入力し、「表示」ボタンをクリックしてください。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180115172426p:plain

 

表示されたAPIトークンを控えてください。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180115172615p:plain

 

l以上でChatwork側の設定は完了となります。

 

プリザンターの設定

続いて、プリザンターの設定を行います。「テーブルの管理」ー「通知」タブを開くと下記のような画面が表示されます。一覧の上にある「新規作成」ボタンをクリックしてください。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180115173327p:plain

 

入力欄に通知種別、アドレスおよびトークンに以下を入力し、「追加」ボタンをクリックしてください。

通知種別→「chatwork」
アドレス → https://api.chatwork.com/v2/rooms/{room ID}/messages
{room ID}部分は、控えていたroom IDに置き換えてください。
トークン → 控えていたAPIトーク

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180115173917p:plain

 

送信ボタンをクリックし、元の画面の「変更」ボタンをクリックします。

f:id:h-ogawa-reedex-co-jp:20180115175534p:plain

 

 

以上で、プリザンター側の設定が完了となります。次回は、実際に通知をしてみたいと思います。

 

 

 

通知機能(Chatwork)一覧

pleasanter.hatenablog.jp

pleasanter.hatenablog.jp